電話自動予約

〒870-1143
大分市大字田尻小柳478

予約番号.097-547-8813

TEL.097-548-7616

大分市 胃腸科 肛門科 内科 外科

胃内視鏡検査

ひらたNEWS

二豊ジャーナル

月刊ぷらざ健康UP生活Q&A

内視鏡について

当院ではオリンパス社製の最新の内視鏡ファイバーを使用し検査を行っています。そして検査毎に、専用の内視鏡洗浄装置を使用し、ファイバーを洗浄しています。よって検査は常に洗浄された清潔な状態で行いますので安心です。

NBIとは

従来の内視鏡検査では、スペクトル幅の広い通常光を粘膜表面に照らしますが、通常光は診断に重要な粘膜表層の血管や微細模様などのコントラストを低下させるという原因となっていました。
NBIは、特殊光によって粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調してより詳しく観察し、小さな病変でも見落とさず発見することが可能となるシステムです。
粘膜表層の毛細血管やわずかな粘膜の凸凹、深部血管などを協調して映し出すことのできるスペクトル幅の狭い光を照射することによって、微細な病変も確認しやすくなります。
それによりごく初期段階でのがんの発見や、特殊光によって粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調してより詳しく観察し、小さな病変でも見落とさず発見する検査に伴う患者さんの負担軽減が期待できます。


  • 通常画像

  • NBI画像

日本人に多い胃がん

1960年代以降、世界的に見て減少傾向にある胃がんですが、依然として日本人には多く発症するがんです。統計によると、全がん患者さんの30%が胃がんです。また初期の胃がんは自覚症状が少ないので検査で早期がんを発見するのが最善の方法です。早期に発見し、適切な治療を行えば、胃がんは治る率の高いがんです。

ピロリ菌の除去

40歳以上の日本人の7割がピロリ菌を持っていると言われています。ピロリ菌はいつのまにか胃の粘膜に宿り、胃の粘膜にダメージを与え、胃炎、胃潰瘍、胃がんを引き起こすものです。胃のトラブルを避けるためにも、ピロリ菌の有無を調べ、除菌することが肝要です。

大腸内視鏡で大腸がん予防

大腸がんは40歳以降に発生することが多く、西洋諸国では消化管のがんの中で最も多いものです。日本でも食生活の欧米化にともない、大腸がんによる死亡率は年々増加しています。この増加中の大腸がんと大腸ポリープとは密接な関係にあり、大腸がんのほとんどが大腸ポリープから発生すると考えられます。従って、大腸ポリープを小さいうちに切除することが大腸がんを予防することにつながります。

大腸ポリープとは

腸の内側にいぼ状に飛び出た病変を総称して、ポリープと言います。通常は良性のことを指し、約80%は腺管腺腫と呼ばれるポリープです。腺管腺腫はがんと関係が深いと言われていて、実際、腺管腺腫とがんがミックスしていることがよく経験されます。ポリープが大きくなるに従い、がんの合併が多くなります。5mm以下では0.2%前後、6mm以上になると、数%がんの出現があります。(10mm以上で7~8%)。

ポリープの中には、あまり盛り上がらず、地を這うように広がる物や、むしろ凹んでいる物も数多く見出されるようになりました。その中には小病変にもかかわらず、がん例が存在することも明らかになっています。がんや大きなポリープは一般に表面が脆く、出血しやすいと言われています。そこで、健康診断や人間ドックにおいては、大腸がんやポリープのチェックのために、便の中に血液が混入していないかどうかを調べること(便潜血反応と言います)があります。

便潜血反応は出血していないと陽性になりません。たとえ出血していたとしてもごく微量であったり、採取した便にたまたま血液がない場合は、病変があるにもかかわらず、便潜血反応が陰性となる場合があります。私が最も恐れることは、検便をやったその結果が何でもなかったので、自分には大腸がんあるいは大腸ポリープはないと思いこんでしまうことです。大腸内視鏡検査は、大きな病変はもちろんのこと、微小がんや早期がんの発見に威力を発揮する精密な検査法です。さらに他の検査法との最大の違いは、発見したポリープなどをお腹の手術をすることなく切除できる点です。

がんやポリープの症状としては、血便にまつわるエピソードが多いのですが、10mm前後のポリープ、早期がん例ではほとんど症状はありません。便潜血反応陽性の方はもちろんのこと、たとえ上記の理由で便潜血反応陰性の方も、大腸内視鏡検査をお受けになることをお勧めします。

PAGE TOP