大腸内視鏡検査

大腸内視鏡で大腸がん予防


大腸がんは40歳以降に発生することが多く、西洋諸国では消化管のがんの中で最も多いものです。日本でも食生活の欧米化にともない、大腸がんによる死亡率は年々増加しています。この増加中の大腸がんと大腸ポリープとは密接な関係にあり、大腸がんのほとんどが大腸ポリープから発生すると考えられます。従って、大腸ポリープを小さいうちに切除することが大腸がんを予防することにつながります。


胃・大腸内視鏡検査、その他診療内容について


胃内視鏡検査

当院では、特殊光によって粘膜の微小な血管や腫瘍の模様を強調し、小さな病変でも見落とさず発見することが可能なNBIの内視鏡を使用しています。

大腸内視鏡検査

10mm前後のポリープ、早期がん例ではほとんど症状はありません。そのため、便潜血反応陰性の方も、大腸内視鏡検査をお受けになることをお勧めします。

その他診療

胃腸科、肛門科、内科、外科、一般外来など各症状に対して診断及び適切な治療を施します。健康診断、人間ドック、予防接種、オンライン診療等も行っております。